参加型の神事

全国には約8万社の神社があると言われています。神社ではそれぞれ「神事」と呼ばれる神聖なお祭りが行われています。ここでは、参拝者が実際に参加可能な神事を紹介します。

参加型の神事

みたらし祭:毎年7月の土用の丑の日頃に京都市の下鴨神社で行われる神事です。御手洗池に足をつけ、無病息災を願います。途中でロウソクに火をつけ、御手洗社に献灯します。

豆炒り神事:三峯神社で執り行われる神事です。文字通り、豆を炒ります。参拝客も参加することができます。豆は福豆として備えられます。

笑い祭り:東大阪市の牧岡神社での神事です。12月23日、2時間ほどかけて注連縄を編み込んだ後、一斉に笑います。