伊勢神宮

日本には星の数ほどの神社が存在しますが、格と歴史において伊勢神宮に勝る神社はありません。お伊勢さんと親しみを込めて呼ばれる伊勢神宮は、天皇家と深い関わりを持つ神社であり、年間800万人近くの人々がお伊勢参りと称して訪れます。今回の記事では、伊勢神宮について簡単に解説します。

伊勢神宮とは?

伊勢神宮は三重県伊勢市にある神社であり、内宮と外宮に分かれています。内宮は皇室の祖先である天照大神を祀り、外宮は豊受大御神を祀っています。それぞれ内宮は約2000年、外宮は約1500年の歴史を誇ります。通常は外宮に先にお参りし、その後、内宮にお参りします。これは外宮先祭と呼ばれる儀式の名残です。尚、内宮外宮の正宮(お参りする場所)は写真撮影を禁止しているので注意が必要です。厳粛な気持ちでお参りしましょう。