境内案内

     御祭神

御祭神
    御祭神
     伊邪那岐大神 男神(いざなぎのおおかみ) 
     伊邪那美大神 女神(いざなみのおおかみ) 

     このご夫婦の神は、日本の国土山川草木を造り給い、八百万の
     神々をお生みになりました。
     伊勢神宮に鎮まります天照大神のご両親に当たらせられる神です。





         御神徳

      御神徳
       ○ 健康長寿・開運厄除 
       ○ 縁結び・安産 
       ○ 家内安全・交通安全  他

         みしめ縄 かけて祈らむ いと長き
           よはひを守る 多賀の社に  
                   《正三位 有功》


         御神紋

    御神紋
      御神紋
       向鶺鴒(むかいせきれい)

       夫婦円満・家内円満・長寿


       多賀神社の御神紋は、夫婦の鵠鵠を象っています。
       この夫婦の鵠鵠の姿に倣って、諸々の神々をお生みになった神代の古事による
       ためです。


          遂に合交せむとす。而も其の術を知らず。
         時に鶺鴒有りて、飛び来りて真の首尾を揺す。
          二の神、見して学ひて、即ち交の道を得つ。
                      《日本書記》



           縁起物

      縁起物縁起物
      縁起物
       桃の子(もものみ)

       災難厄除・病気平癒・開運


        御祭神 伊邪那岐大神は、桃の子によって災難を逃れられ、開運を導かれました。
        多賀神社の鎮魂厄祓と擲桃祭(てきとうさい:春季大祭)は、世の人々を苦しみや悩みより助けるように
        なされた謂れによるものです。

        これは、厄年の人ばかりでなく、今年災するかも知れない病気や災難を未然に祓い清めて、心爽やか
        に幸せを招く多賀神社の重要な神事となっています。
        この夫婦の鵠鵠の姿に倣って、諸々の神々をお生みになった神代の古事によるためです。


          其の坂本にある桃の子三箇を取りて持ち撃ち給ひしかぱ、
          八雷神、千五百の黄泉軍悉く逃げ帰りき。
          茲に伊邪那岐命、その桃子に告り給ひしく
          「汝、呉を助けし如く、葦原中国に有らゆる
           うつしい青人草の苦しき瀬に落ちて患ひ惚む時助けてよ」
          と告り給ひて、意富加牟豆美命といふ名を給ひき。
                      《日本書記》



多賀神社
〒822-0016
福岡県直方市直方701
0949-22-0125

  直方市ホームページ(文化財一覧)