神前結婚式

     神前結婚式について

神様の御前にて執り行なわれる結婚の儀式。
お二人にとって一生に一度の晴れ姿。
厳粛な雰囲気の中で契りを交わし、変わることのない愛情と二人の末永い幸せを神の御前に誓います。

雅楽の調べのなか、三三九度を酌みかわす。 神前で執り行われる古式ゆかしい結婚式は お二人はもちろん、ご親族をはじめ 列席されるすべての方の心に残る御式です。
その原形は神々や祖霊の前で 古来からのしきたりにあったと伝えられています。
日本の伝統に、門出を重ねる感動。 大いなる歴史と、お二人の人生の新たな第一歩がここにつながり、結ばれます。
由緒ある多賀神社がが、荘厳な神前結婚式を 心をこめてお手伝いさせていただきます。

     挙式の流れ

一.参進の儀
(さんしんのぎ)
結婚の儀を告げる雅楽が演奏される中、斎主・巫女に先導された“花嫁行列”が本殿・御社殿まで進む。
二.入場 斎主、新郎新婦、仲人、親、親族が入場。神社では楽人が先頭。神前に向かい右側に新郎、左側に新婦が座る。
三.修祓
(しゅうばつ)
一同起立、斎主による祓詞(はらいことば)に続き、清めのお祓いを受ける。
四.祝詞奏上
(のりとそうじょう)
斎主が神前にふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くよう祈る。
五.誓盃の儀
(せいはいのぎ)
三三九度の盃。新郎新婦が大中小3つの盃で交互に御神酒をいただくことで、永遠の契りを結ぶ。
六.誓詞奏上
(せいしそうじょう)
新郎新婦が神前に進み出て、誓詞(=誓いの言葉)を読み上げる。
七.玉串奉奠
(たまぐしほうてん)
新郎新婦が神前に玉串を捧げ、「二拝二拍手一礼」。仲人夫妻、両家代表が続く。
八.指輪の交換 結婚指輪の交換をする。
九.親族杯の儀
(しんぞくはいのぎ)
親をはじめ両家の親族が、順に御神酒をいただく。
十.誓盃の儀
(せいはいのぎ)
斎主が、結婚の儀がとどこおりなく終了したことを報告する。
十一.退場 全員が退場。

     ギャラリー

多賀神社
〒822-0016
福岡県直方市直方701
0949-22-0125

 BRIDAL HOUSE ティアラ

 直方市ホームページ(文化財一覧)